【重要】新型コロナウイルスに対する
当院の取り組みについて

 当院では新型コロナウイルス感染症に対して万全の医療体制を整えております。 新型コロナウイルス感染症が世界的に大きな問題になっており、医療機関においても確実な対応が求められています。
 当院では、アメリカ疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)が発行した「スタンダードプリコーション(標準予防策)」を基準にした感染症予防対策を実施しております。
 これは新型コロナウイルス感染症の対策にも有効であると言われております。

スタンダード・プリコーションとは

 医療・ケアを提供するすべての場所で適用される感染予防策で、感染症の有無に関わらずあらゆる利用者・患者・医療従事者に対して「汗を除くすべての血液、体液、分泌物、損傷のある皮膚・粘膜は感染性病原体を含む可能性がある」という原則に基づき手指衛生や個人防護具(マスク他)の着用など感染リスクを減少させる予防策です。

当院での主な取り組み

通常通り行っていること

● 洗口用の紙コップや患者用エプロン、グローブ、マスクはディスポーザブル(使い捨て)にしています。

● 患者様毎に、診療器具類(ミラー、ピンセット、バキューム等、口角鉤、口腔内用鏡)を開封使用し、使用後は速やかにオートクレーブ滅菌処理を行っております。

● 診療ユニット(チェアー等、全て個室診療室)は、使用後は患者様毎に専用消毒液で清拭し、手指が触れる部分には防護シートを患者毎に交換して対応しております。

新型コロナウイルス流行に際し行っていること

● 新型コロナウイルスが空気中をミストのように浮遊する「エアロゾル」の状態で3時間以上生存できるという報告もあります。
このエアロゾルに対する防護として、エアロゾルの発生する診療を自粛しています。

●クリニック内の換気として、診療室内での換気扇(6か所)を常時行っております。

●空間除菌脱臭機ジアイーノを2台使用。これにより生成された次亜塩素酸が揮発することにより、付着した菌・ウイルスにも効果を発揮します。

●キエルキンにより次亜塩素酸を空気中に噴霧しております。これによりコンロウィルスを始めインフルエンザ菌やノロウィルスを撃退します。

●受付やチェアサイドにアルコール除菌スプレーを配置しております。

●密な状況を作らないため、患者さんには急を要さない処置の方には延期をしていただき、クリニックスタッフも出勤を3割減らして対応しております。

●患者様全員に来院時には体温測定を行い、手洗いとうがいを行なって頂いております。

※37.3℃以上の場合には診察をご遠慮頂いております。


診療につきましては、現時点では休診にはせず、人数を制限してクリニック内が密にならないように配慮しておりますが、感染リスクの高い処置につきましては延期していただいています。
また、処置は必要最低限とし、クリニック内の滞在時間を出来るだけ短くさせていただいております。

今後の診療について

政府より緊急事態宣言が発令されました。

現在のところ、終了時間を繰り上げて診療しております。

今後、処置内容や診療時間等に変更がある場合はHPでお知らせ致しますのでご確認下さい。 また、緊急性のない患者様には当院よりご連絡をさせていただきご予約を延期していただいております。
ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

ページ上部へ